PLAY OFF展望1The Hall of Fame NBA Blog
FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

PLAY OFF展望1

今シーズン優勝候補最有力。

488px-ClevelandCavaliersMainLogo_svg.png クリーブランド・キャバリアーズ

PG:M.ウィリアムス D.ギブソン
SG:A.パーカー   D.ウェスト
SF:L.ジェイムズ  J.ムーン   J.ウィリアムス
PF:A.ジェイミソン JJ.ヒクソン (L.ポウ)
C :S.オニール   A.バレジャオ Z.イルガウスカス

各ポジションそれなりのメンバーがそろっています。
特にインサイドの層はかなり厚いです。
ガードポジションが薄い気もしますが
レブロンがPG的な役割を担っているので問題ないでしょう。

1stラウンド
このまま行けばCLEの東1位は確実で1stラウンドの対戦相手はTOR(たぶん)。
現在のTORの状態はかなり悪くプレイオフレベルで戦えるレベルではない。
かなりの確立でスウィープすると予想。
(たとえレブロンが欠場してもCLEが勝つのではないかと予想しています。)
ここの試合ではシャックやZの調整も兼ねてくるでしょう。

2ndラウンド
ここはBOSになるかATLになるかまだわかりません。
CLEの力からすればどっちが来ようがあまり関係ないと思いますが、
長期戦になった場合、選手層の厚いBOSのほうがやりにくいのかなと。
ATLの場合選手層はそれほど厚くないですが全員機動力があります。
CLEのC陣はきついでしょうがインサイドの層はリーグ1厚いので
小まめな選手交代で乗り切れるでしょう。

カンファレンス・ファイナル
ORLが2位シードを取りそうなのでCFでの対戦はORLと仮定します。
今年のCLEの補強はORLとの対戦の為と言ってもいいかもしれません。
ドワイト、ターコルー、ルイスこの3人にCLEは手を焼いていました。
そしてシャックジェイミソンの獲得。

シャックはドワイトを一人でディフェンスできる数少ない選手です。
さらにオフェンスでも短時間だけならドワイトを上回る力もあります。
シャック、バレジャオ、イルガウスカスの3人でならドワイトを守りきれるでしょう。

ルイスのアウトサイドにやられた印象も強いはずです。
ジェイミソンがマッチアップすればアウトサイドでも守れますし、
インサイドも問題なく守れます。
オフェンス面でもジェイミソンの加入はプラスに働くはずです。

こんな感じでどうでしょうか?
皆さんの意見もお聞かせください。

関連記事


tag : NBA プレイオフ 展望

2010-04-01 : NBA(その他・企画) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

過去記事を検索↓

NBAイラストを検索

リンク(NBA関連)

オススメSHOP


LTD online
お気に入りバッシュ店

trendyimpact
スマートフォン グッズ買うならココ↑

Happyママ
アロマ雑貨のお店

(女性にオススメのショップです)

楽天市場

Trend Match

i-mobile

登録はここから↓

Live! Ads

CM-Click

広告5~2

家族旅行 おすすめ 転職サイトDODAで転職 バンタンデザイン研究所

おきてがみ

おきてがみ

忍者アド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。